庭と繋がる寛ぎの家

O様の家(夫婦+子ども2人)

2018年9月新築

建築家:井上郁子先生(藤田摂建築設計事務所)

【庭と繋がる寛ぎの家】

「シンプルな外観で、白を基調としたデザインを希望しました」とOさん。

外観・室内共に白と木の色のコントラストが美しく、年月が経っても飽きのこないシンプルさが印象的。

また駐車スペースも4台分は十分に確保した上で、お庭も広く取っており、敷地と建物のバランスも見事な家だった。

【家づくりを振り返って】

夫婦共働きのため、リビングで過ごす時間を大切にしたいという想いがあったOさん夫婦。

なので家族がゆったり過ごせる広いリビングが最重要ポイントで、

なおかつ子どもの絵本やおもちゃを簡単に収納できるリビング収納を重視したいなどの要望を伝えたとのこと。

そうして出来上がった最初の間取プランはOさん達の要望が入っているのはもちろん、

それ以外にもOさん達だったらという視点での提案がふんだんに入っていたので、一切の変更なく進んだそうだ。また、

家の中に入って感じたのが圧倒的な開放感。大きな窓から明るい光が燦々と降り注ぎ、

陽だまりに包まれながら過ごす日常は格別なものだとOさんは語ってくれた。

【R+houseを選んだ理由】

4件ぐらい色々な工務店やハウスメーカーの完成見学会に参加して工務店を検討していたOさん夫婦。

さまざまなテイストのリアルな家を見ていく中で、好みの雰囲気の家づくりをしているR+houseとの出会いがあったそうだ。

土地の購入も必要だったため土地探しも依頼。

明るさを重視したいと言う要望を伝え、家の前に車を4台も横並びで停められる間口の広い土地を見つけてもらったそうだ。

【間取り】

Share