笑顔で暮らすL型の家

I様の家(夫婦+子ども1人)

2018年12月新築

建築家:髙井和喜先生(一級建築士事務所オブデザイン)

【笑顔で暮らすL型の家】

家を建てるなら黒のガルバリウム鋼板を使うと決めていたIさん。

外観は当初の要望の平屋の面影も感じられるデザインにし、外壁は黒とグレーのツートーンに。

これらも全て建築家の提案だ

【家づくりを振り返って】

最初は平屋が希望だったIさんだが、土地の大きさや形を考えて

平屋の雰囲気も持っている2階建てにすることを建築家から提案。

リビングの奥にある部屋は愛犬とパパのワークスペースは、スライド式で全て収められるようになっており、

用途に応じて使い勝手を変えられる空間構成に。

Iさん夫婦が歳をとったら、寝室は2階ではなく、この空間を使い平屋暮らしができるように。

【R+houseを選んだ理由】

子どもも大きくなるから家を建てる事を考えてWEBで調べたり、

完成見学会に参加して情報を収集したのが家づくりのスタート。

R+houseとの出会いはIさんのお母さんが持ってきてくれた1枚の家づくり勉強会のチラシだったそうだ。

勉強会も参加した後に訪れたR+houseの完成見学会では、

家中の暖かさと無垢材の温かみのある足触りにも感動したそうだ。

Share